レギュラーのクルマにハイオクを入れたら燃費は改善するか調べてみた

   


あなたはほぼ新車に近い中古車を50万円以上安く購入できる 普段公開していないクルマの存在を知っていますか?

↓ ↓ ↓

30秒で完了!驚きの車両価格で探す

スポンサードリンク

01_spx400[1]

 

みなさんが普段乗っているクルマに

給油しているガソリンはレギュラーですか?

 

それともハイオクですか?

 

ハイオクガソリンを入れている方には

あまり関係ない話かもしれませんが参考程度に読んでみてください。

 

今回のテーマは

「レギュラーのクルマにハイオクを入れたら燃費は改善する?」です。

 

このテーマが気になっている方もいると思うので

調べてみることにしました。

 

 

☞ハイオクとレギュラーの違いは何?

 

始めにハイオクとレギュラーの違いについて話していきます。

 

まずハイオクガソリンはレギュラーガソリンより

高いオクタン価(燃焼室内での自然発火しにくい)を持つガソリンで

 

ノッキング(異常燃焼)と呼ばれる

現象が起きにくくなる性質を持っています。

 

ハイオクは主に排気量の大きいクルマやハイパワー車などに採用しています。

 

またハイオクには添加剤が含まれていて

燃焼室内を洗浄する働きがあるようですが

 

デメリットとしては値段が高いことです。

 

 

そしてレギュラーガソリンは

逆に添加剤が入っていないためオクタン価が低く

 

コストが低く抑えられています。

 

要するに、ガソリンに添加剤が入っているのがハイオクで

添加剤が入っていないのがレギュラーガソリンということです。

 

さらに、専門的な話は省略しますが

スポンサードリンク

石油を精製する際に添加剤を入れることでコストがかかり

 

値段に差が生まれるという事です。

 

 

☞レギュラーのクルマにハイオクを入れたら燃費は改善する?

 

さて、ここからが本題です。

 

「レギュラーのクルマにハイオクを入れたら燃費は改善するか」ですが

結果からお伝えすると、ほとんど変わりません。

 

 

それは何故か?

 

詳しくは「ハイオクとレギュラーの違いは何?」の項目で説明していますが

 

ハイオクは自然発火しにくくノッキング(異常燃焼)を起こしにくい

性質を持っているガソリンのため

 

それを生かせるエンジンでなければ効果は出ないのです。

 

また、ハイオクには洗浄剤が入っていて

燃焼室内がきれいになる事で燃費が良くなるといわれていますが

 

体感できるほどではないと思います。

 

 

以前、石油会社のサイトに

レギュラーガソリンからハイオクガソリンに切り替えた後

 

燃焼室内のデポジット(燃え残った黒いカス)が

落ちた写真が載っていましたが

 

これは特殊な稼働条件で行ったもので

普段の走行では効果が期待できないようです。

 

 

しかしハイオクを入れたらパワーUPを体感できたという

話しも聞きますが、もしかしたらパワーが上がっているかもしれません。

 

ですが燃費とパワーは別なので

燃費が良くなるとは限らないと思います。

 

 

☞最後に・・・

 

現代のクルマはコンピューターで複雑に制御されていて

エンジン内で問題が発生したら対処できるようになっています。

 

最も燃費が良くなる方法としては

やはり運転の仕方を変える方が効率的なやり方ではないでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

あなたが今乗っているお車の買取価格が気になりませんか?

↓ ↓ ↓

45秒!無料で愛車を査定してみる

 - 燃費のギモン , , , , ,