スパークプラグは燃費に影響するが悪化する原因を調べて改善しよう

   


あなたはほぼ新車に近い中古車を50万円以上安く購入できる 普段公開していないクルマの存在を知っていますか?

↓ ↓ ↓

30秒で完了!驚きの車両価格で探す

スポンサードリンク

Yougo_SPARKPLUG[1]

 

今回は、スパークプラグと燃費のお話をしたいと思います。

 

 

車のエンジンは、燃料と空気が混ざり合った状態で

火花をつけて爆発させ車を動かしています。

 

その火花をつけるのがスパークプラグです。

 

スパークプラグのおかげでエンジンは

それぞれのシリンダーでタイミングよく爆発してピストンが動いています。

 

 

☞スパークプラグの劣化は燃費の悪化など様々なトラブルの原因

 

スパークプラグが劣化してくると

電極消耗という火花が出にくくなる状態が起こります。

20120808103228_image_10[1]

 

また電極消耗が進むとくすぶりという現象が現れ

エンジンがかかりにくくなるという症状が現れます。

sddefault[1]

 

そしてくすぶりが進むとデポジットという現象が起こり

異常燃焼を引き起こしたりします。

 

 

スパークプラグの劣化は結果として点火のタイミングが悪くなったり

スポンサードリンク

1気筒だけ爆発が起こらなかったりというトラブルが起こり

 

結果として燃費の悪化や異常燃焼などを招きます。

 

また最悪エンジンのパーツが傷んでしまって

かなりの出費になってしまうことがあります。

 

このため点検などの際には必ずメカニックが確認する箇所でもあります。

そんなスパークプラグの寿命は昔は2~30000㎞というのが一般的でした。

 

しかし技術革新が進み、イリジウムプラグが一般的で

多くの車がこのイリジウムプラグを使っています。

 

イリジウムプラグは10万キロというのが一般的ですので

スパークプラグについてはそんなに気にする必要はなくなりました。

 

ですのでほとんどの人はあまり気にする部品ではないと言っても良いと思います。

 

 

☞中古車を購入するときは注意

 

しかし中古車などを購入するときは

販売店でスパークプラグを確認してもらっても良いかもしれませんし

 

7万キロくらい走行していれば交換するのがおススメです。

 

スパークプラグの値段は一本1000~3000円と意外と安いので

6気筒エンジンでも2万円くらいで交換することができます。

 

またプラグの交換はプラグレンチという特殊な工具が必要ですし、

締め付けのトルクなども決められていますので

 

素人は手を出さずにプロの整備士に任せるのがおススメです。

 

 

☞最後に・・・

 

スパークプラグは燃料(ガソリン)を燃やすきっかけを起こす部品ですが

 

この場所が黒くくすぶっていると

未燃焼ガスが残り燃費が悪化する原因になってしまいます。

 

そのため、定期的な点検と清掃でコンディションを保ち

未燃焼ガスを残さないようにしてください。

 

スパークプラグは思った以上に燃費に影響しますよ。

 

 

スポンサードリンク

あなたが今乗っているお車の買取価格が気になりませんか?

↓ ↓ ↓

45秒!無料で愛車を査定してみる

 - 燃費と部品の関係 , , , , ,