大型トラックの燃費は何キロ?軽油のメリットや驚きの燃費対策も

   


あなたはほぼ新車に近い中古車を50万円以上安く購入できる 普段公開していないクルマの存在を知っていますか?

↓ ↓ ↓

30秒で完了!驚きの車両価格で探す

スポンサードリンク

p1[1]

 

皆さんは毎日忙しく走っている

大型トラックの燃費が気になっていませんか?

 

今回は、大型トラックの気になる燃費や

トラックにとって軽油になぜメリットがあるのかなどを

 

お話ししたいと思います。

 

 

☞【軽油とレギュラーの燃費】

 

現在、日本を走っているほとんどのトラックは

ディーゼルエンジンを採用しています。

 

その大きな理由はディーゼルエンジンのほうが

ガソリンエンジンに比べて燃費が良いからです。

 

加えて燃料となる軽油も安く

レギュラーガソリンよりもリッターあたり約20円ほど安く調達できます。

 

 

軽油は原油からガソリンを精製する際に、その副産物としてとれるものですが

決して質の悪い燃料というわけではありません。

 

実際、卸し値の時点では、軽油もレギュラーもほとんど同じ価格です。

 

小売りの段階で

両方にかかる税金に差があるため軽油のほうが安くなっているのです。

 

軽油はレギュラーに比べると発熱量が優秀で、より大きなエネルギーを生み出します。

 

燃費の面ではメリットの大きいディーゼルエンジンですが

普通自動車でシェアを獲得できていません。

 

 

その原因の一つは

 

ディーゼルエンジンは発火時の大きな圧力に耐えるために丈夫な部品が必要となり

エンジンが大型化、高重量化してしまうことにあります。

 

普通自動車の場合、エンジンの重量が停止状態からの加速に大きく影響するので

スポンサードリンク

加速性能ではガソリン車のほうが優秀です。

 

しかし、トラック場合はもともとの車体重量が大きいので

エンジンの重さから受ける影響は相対的に小さくなり

 

ディーゼルエンジンのメリットが十分に発揮されます。

 

 

☞【最新トラックの燃費事情】

 

トラックは年々低燃費化が進んでいます。

ハイブリットエンジンの性能の向上は最も注目されている部分でしょう。

 

最新のトラックでは、「25t車でも4km/L以上」が主流となっており

その技術には驚かされます。

 

 

また、燃費を向上させるのはエンジンの性能ばかりではありません。

 

車体の電子制御の技術にもさまざまな進歩が見られます。

たとえば、トラックの燃費はドライバーの運転技術によっても変わりますが

 

アクセル制御に電子制御の補助を加えることによって

ドライバーの技術に左右されず常に燃費効率の良い加速を実現にする事ができます。

 

 

また、最近話題のオートクルーズ機能は

ドライバーの疲労を軽減するばかりでなく燃費を良くする一面もあります。

 

各社が燃費競争に凌ぎを削っており

各メーカーの発表する燃費はほぼ横並びといった状態です。

 

 

しかし、よく見てみるとエンジン部分や制御部分で

各メーカーの得意とする部分に特色があります。

 

 

最後に・・・

 

いかがでしたか。

今回は、少し難い内容になってしまいましたね。

 

しかし,たくさんの排気ガスを出している大型トラックも

現在ではハイブリッドの大型トラックが発売されています。

 

将来的にはコンパクトカー並みの燃費性能になりそうなので

「エコ大型トラック」なんて呼ばれるかもしれませんね。

 

 

スポンサードリンク

あなたが今乗っているお車の買取価格が気になりませんか?

↓ ↓ ↓

45秒!無料で愛車を査定してみる

 - 色々な乗り物の燃費 , , , , , ,