車のバッテリーが原因で燃費が悪化する?その理由や交換の目安は?

   


あなたはほぼ新車に近い中古車を50万円以上安く購入できる 普段公開していないクルマの存在を知っていますか?

↓ ↓ ↓

30秒で完了!驚きの車両価格で探す

スポンサードリンク

PSBattery[1]

 

今回は、バッテリーと燃費の関係について

話していきましょう。

 

 

車には様々な電装部品が装着されています。

 

エアコンやナビ、ヘッドライトなど重要な部品ばかりですが、

これを動かすためにバッテリーとオルタネーターを使っています。

 

エンジンが止まっているときにはバッテリーで動かし、

エンジンが動いているときにはオルタネーターを使います。

 

オルタネーターは発電機と考えればよいともいます。

 

 

☞バッテリーの劣化で燃費は悪化する

 

まずエンジンをかけるときにはスターターモーターを使いエンジンを動かしますが、

その時にバッテリーを使います。

 

ですのでバッテリーがあがるとエンジンがかからないということです。

 

またエンジンが止まっているときに、

ナビなどを動かすときにもバッテリーの電気を使っています。

 

 

そしてエンジンが動いているときには、

 

オルタネーターが動きますのでこれで電装部品を動かしますが、

オルタネーターのもう一つの重要な役割として、

 

バッテリーを充電するという機能があります。

 

このおかげでエンジンが止まっているときに

バッテリーの電気を使って電圧が低下していても、

スポンサードリンク

 

オルタネーターが充電してくれるのでバッテリーがあがらないということです。

 

しかしバッテリーが劣化してくると

バッテリーの受電するためにオルタネーターをたくさん働きます。

 

オルタネーターはエンジンのパワーで動いていますので、当然燃費が悪化します。

 

 

☞ヘッドライトが暗くなって来たら交換のサイン

 

そんなバッテリーの寿命は走行距離によっても変わってきますが、

 

たくさん走る車なら2~3年くらい、

あまり走行しない車でも5~6年くらいといわれています。

 

バッテリー劣化のサインはヘッドライトが暗くなってきたときです。

 

 

バッテリーが劣化してくると

 

オルタネーターがバッテリーを充電しようとして、

ヘッドライトが暗くなってしまうんです。

 

こうなってきたらカー用品店に行って早めにバッテリーを交換しましょう。

 

価格は5000~1万円くらいですし

交換の時間も30分以内で終わりますので比較的簡単です。

 

(注)知識のない方や取付に不安のある人は

カー用品店などに取付を依頼してください。

 

 

☞最後に・・・

 

バッテリーの劣化は燃費の悪化だけではなく

突然のトラブルによる交通障害や事故にもつながります。

 

特に夏場、カーエアコンを使っている時は

バッテリーにかなりの負担をかけています。

 

その為、トラブルを避けるためにも

バッテリーを点検しておくといいでしょう。

 

スポンサードリンク

あなたが今乗っているお車の買取価格が気になりませんか?

↓ ↓ ↓

45秒!無料で愛車を査定してみる

 - 燃費改善 , , , , , , ,