エンジンオイルで燃費が悪化する原因は?理由と改善方法を教えます!

      2016/03/26


あなたはほぼ新車に近い中古車を50万円以上安く購入できる 普段公開していないクルマの存在を知っていますか?

↓ ↓ ↓

30秒で完了!驚きの車両価格で探す

スポンサードリンク

 

Oil Change

Oil Change

 

 

よくカー用品店に行くと

ずらりとエンジンオイルが並んでいますよね。

 

今回は、そんなエンジンオイルと燃費の関係について

書いていこうと思います。

 

 

まず始めに、エンジンオイルはエンジンを潤滑するために重要なパーツで

 

定期的に交換する必要がありますが

これを怠ると燃費が悪くなりますので、こまめにメンテナンスをする必要があります。

 

エンジンオイルで重要なのは粘度です。

 

粘度とはその名の通り粘り気のことですが

この粘り気が燃費に大きくかかわっています。

 

 

☞エンジンオイルは粘度によって燃費が変わる

 

エンジンオイルは

 

エンジンの内部を潤滑することよりエンジン内部の摩擦を一定に保ち

燃えカスなどを吸着する機能を果たしていますが

 

潤滑しますので、粘度によってエンジンの摩擦抵抗が変化します。

 

 

そんなエンジンオイルは劣化すると粘度が高くなる特徴がありますので、

劣化するとエンジン内部の抵抗がどんどん高くなっていきます。

 

この結果燃費悪化を招くという結果になります。

 

ですので定期点検などの時にエンジンオイルを交換する事が大事ですが、

これを怠ると燃費が悪くなるばかりか

スポンサードリンク

 

エンジンオイルがエンジン内部に固着して

エンジンが動かなくなってしまう可能性もありますので、注意が必要です。

 

 

☞エンジンオイルの種類も様々

 

カー用品店などに行くと様々な種類のエンジンオイルが販売されていますが

鉱物油と化学合成油の2種類があります。

 

化学合成油は価格は高いですが劣化しにくいという特性がありますので

高級車やスポーツカーなどにはこの化学合成油が使われていることが多いですが

 

普通の車でしたら鉱物油で十分です。

 

交換のサイクルは1万キロもしくは1年で十分だといわれています。

 

また化学合成油はそれよりも交換サイクルが長いので、

交換が面倒だという人は化学合成油がおススメです。

 

 

また車によってエンジンオイルの粘度などは指定されていますので、

これを守ることも大事です。

 

また最近の輸入車は、

オイル交換の時期を知らせてくれる機能を備えているモデルが増えています。

 

車の利用頻度やエンジン回転などをコンピューターが計算して、

自動的に交換の時期を知らせてくれるというシステムです。

 

 

☞最後に・・・

 

エンジンオイルは種類が多く迷ってしまう方も入ると思います。

 

そんな時は、カー用品店の店員さんやディーラーのメカニックの方に

「省燃費のエンジンオイルはありますか?」と聞いてみてください。

 

あなたのクルマにおススメのオイルを教えてくれるはずです。

 

ぜひオイル交換後の燃費改善を実感してみて下さい。

 

 

スポンサードリンク

あなたが今乗っているお車の買取価格が気になりませんか?

↓ ↓ ↓

45秒!無料で愛車を査定してみる

 - 燃費改善 , , , , , ,