なぜクルマは暖機運転すると燃費が悪化するの?原因や理由を解説!

   


あなたはほぼ新車に近い中古車を50万円以上安く購入できる 普段公開していないクルマの存在を知っていますか?

↓ ↓ ↓

30秒で完了!驚きの車両価格で探す

スポンサードリンク

080311-05[1]

 

 

☞近年の車には暖気運転は不要?

 

車を運転する場合にはやはり燃費を気にする人も多いと思いますが

 

車を走らせる前に行う暖気運転が

燃費にとても大きく関わっているのをご存知でしょうか。

 

暖気運転と言うのは

 

車を走らせる前にあらかじめエンジンを始動しておき

エンジン全体を暖めてから車を走らせることで

 

この暖気運転を行うことによりエンジンの回転を安定させることが可能になったため

今でも暖気運転を行う人が非常に多いと言えます。

 

 

☞どうして暖機運転すると燃費が悪化するの?

 

しかし昔の車のようにキャブレターを使用して燃料と空気を混合していた時代とは違い

現在の車はそのほとんどがコンピューター管理のもと走行を行っていますし

 

エンジンに関してもコンピューター制御されているため

エンジン始動後にすぐ走り出したとしてもそれほど燃費に影響があるわけではありません。

 

スポンサードリンク

基本的にコンピューター制御されているエンジンに関しては

 

始動直後にいきなりエンジン全開で走り出すと言った行為を行わなければ

エンジンの回転に関しても安定していますし

 

エンジン自体もすぐに温まる構造となっているため

暖気運転の必要すら無くなっています。

 

 

むしろ暖気運転を行うことで全く走行していないのに

エンジンは始動して動きっぱなしになりますので

 

その間もエンジンを動かすための燃料はどんどん消費されていくことになり

暖気運転を行なえば行うほど著しく燃費が悪くなっていくことになります。

 

 

☞今のクルマは暖機運転せずに走り出した方が燃費が良い

 

最近のエンジンは

 

アイドリングストップ機能なども搭載しているくらいエンジンをこまめに止めても

走行時のエンジンの回転数などには全く影響しないほど性能が向上していますので

 

昔の車のように暖気運転を行う必要もなく

 

燃費のことを考えた場合は暖気運転せずに

すぐにエンジン始動後に走る出すほうが良いと言えます。

 

要するに昔の車と現代の車の根本的な仕組みの違いを理解することが重要で

それを理解すれば暖気運転が必要無いことも納得できるのではないでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

あなたが今乗っているお車の買取価格が気になりませんか?

↓ ↓ ↓

45秒!無料で愛車を査定してみる

 - 燃費のギモン, 燃費改善 , , , , ,