スカイライン(日産)の高速道路・市街地・峠道の平均実燃費は何キロ?

   


あなたはほぼ新車に近い中古車を50万円以上安く購入できる 普段公開していないクルマの存在を知っていますか?

↓ ↓ ↓

30秒で完了!驚きの車両価格で探す

スポンサードリンク

104_o[1]

 

日産・スカイラインは日産の伝統的なモデルですが

現行モデルは13代目で2014年に登場しました。

 

スカイラインには3.5リッターにモーターが付いたハイブリッドモデルと、

2リッターターボエンジンの2種類がありますが、

 

2リッターエンジンの方はメルセデスベンツから供給されています。

 

 

☞スカイラインで実際に走行した平均的な燃費は?

 

ハイブリッドモデルのJC08モード燃費はリッターあたり18.4㎞走行することができて

ハイパワーな車の割にはかなりの低燃費と言えます。

 

実際に走ってみると高速道路を時速100㎞くらいでゆったり走って

リッターあたり17㎞くらい走ることができます。

 

また交通量が少ない郊外の道路や峠道でもリッターあたり15㎞くらい走ります。

 

そして交通量が多い市街地ではリッターあたり13㎞くらい走り

3.5リッターエンジンの車にしてはかなり低燃費です。

 

 

スポンサードリンク

☞トヨタとは違うハイブリットシステムとは?

 

日産のハイブリッドシステムはバッテリーがフル充電されると

高速道路を走行中でもエンジンが止まりモーターだけで走ることがあります。

 

これはトヨタとは違う点で

トヨタのハイブリッドは低速時を除いてモーターだけで動くことはありません。

 

またスカイラインは日産を代表するスポーティセダンで

ダイレクトアダプティブステアリングと呼ばれる、最新のシステムも搭載しています。

 

これはハンドルとタイヤがつながっておらず

ハンドルの動きを電気的に処理してタイヤの方向を変えるというシステムです。

 

 

☞最後に・・・

 

そしてスカイラインハイブリッドの価格は約470~600万円です。

これは旧型に比べて大幅に価格が上昇しましたが、同じくらいのスペックの車に比べるとかなり割安です。

 

レクサスのGSに450hというグレードがありますが

これはスカイラインと同じ3.5リッターにモーターが付いて、スカイラインと同じようなスペックです。

 

GS450hだと最も割安のモデルで740万円を超えますので

スカイラインは割安なことが分かります。

 

速い車が好きだけれど低燃費の車が欲しいという人にはおススメのモデルです。

 

スポンサードリンク

あなたが今乗っているお車の買取価格が気になりませんか?

↓ ↓ ↓

45秒!無料で愛車を査定してみる

 - セダンの平均実燃費 , , , , , , ,